色とりどりの花畑を楽しむ

ラベンダーで有名な富良野エリアですが、5月頃から様々な花が咲き誇り、訪れる人を迎えてくれます。5月にはルピナスやチューリップ。6月にはブルーサルビアやポピー。6月下旬からは早咲きのラベンダーが見頃を迎え、7月中旬からは最盛期を迎えます。8月にはひまわりやコスモス。9月から10月にかけてはキガラシやダリヤなどがさわやかな秋を彩ります。また、富良野では、自然に咲く野の花や山の花を見つけるのも楽しみのひとつ。湿地や高地には珍しい花もあるので、トレッキングや登山の際に出会えるかもしれません。

花人街道の花

多くの花畑が点在し、多種多様な花が咲くことから、美瑛町から、上富良野町、中富良野町、富良野市、南富良野町、占冠村を通る国道237号線沿線は「花人街道」の愛称で親しまれ、様々な風景を観賞したり、雄大な北海道ガーデンめぐりをする人たちで賑わっています。街道沿いの花畑案内と、いつどんな花が楽しめるのかを月ごとにご紹介します。

ラベンダー

美しい紫色の花畑と、風に乗って漂う甘い香り…。南フランスなどプロヴァンス地方の花、ラベンダーが、今では富良野の夏の風物詩になりました。富良野市内と近郊のラベンダー園をくまなくご紹介します。カフェやショップが併設されている農園もあります。また、開花に合わせて各地でイベントも開催されます。

野の花山の花

観光スポットの鮮やか花々も素敵ですが、野や山にひっそりと咲く可憐な花々を愛でるのも富良野の豊かな自然を感じることができる大きな魅力です。何気ない道端や川添いにも、思いがけず美しい花を発見することがあります。また、少し郊外や高地へ足を延ばして見に行く、野に咲く花、山に咲く花のご紹介です。

前のページに戻る